セフレ関係を楽しもう


セックスを楽しむことだけを目的に繋がる男女関係をセフレといいます。

しかし、このような関係は世間一般的には認められるものではないようです。

それでも、セフレを持って日常を満喫している人はたくさんいます。

多くの人を惹きつける魅力とは何でしょうか。
まず、しがらみなしにお互いの欲求を満たすことができる点があります。

動物の持つ本能の部分であるセックスを思う存分楽しむことができることは、動物としての「人」に必要な要素といえるかもしれません。

また、世間では否定的な考えの多いこの男女関係に「非日常」や「背徳感」を求める人もいます。

日頃から抑圧された毎日を送っている人であればあるほど、世間に認められない関係に対して非日常や背徳感を覚え、刺激やスリルを感じるのです。

さらに、持つ人の中には恋人や夫、妻といった特定のパートナーのいる人も少なくありません。

セックスをする機会はあるはずなのに持つのは、パートナーとのセックスに満足していないからです。

その不満足を埋めることで、欲求が満たされるというわけなのです。

魅力は人それぞれで異なるかもしれませんが、楽しむことが一番重要なことです。

セフレを持っていることに後ろめたさを感じる人がいるようですが、そんな人は始めから関係を持たないことです。

割り切った付き合いを楽しむ心こそが、セフレに最も必要なものだからです。

ヤレる女の特徴

最新記事

  • セフレとのリスク

    2014年5月31日


    セックスを楽しむための関係がセフレですが、その関係にはいくつかのリスクが伴うことをしっかり理解しておかなければなりません。

    そのリスクは、女性ならば第一に妊娠の可能性が挙げられます。

    相手が必ずしも避妊をしてくれるとは限りません。

    自分自身が避妊に気をつけていても万全ということはなく、セックスの回数が多ければ多いほど妊娠する可能性は高くなります。
    万が一、妊娠してしまったならお互いに不幸です。

    出産できればいいのですが、結婚をせずに私生児として生むなら子供が可哀想です。

    中絶するならば費用が掛かる上、母体に与える負担も多大なものとなります。

    下手をするとその後子供を産めない体になってしまう危険性もないとはいえません。
    また、精神的ダメージも計り知れないでしょう。

    将来誰かと結婚することにでもなれば、その際の心の傷は計り知れないものとなるに違いありません。
    男性の場合は女性とは違い、社会的地位が脅かされる危険性があります。

    セックスに関する考え方がオープンになってきた昨今とはいえ、セフレに対する世間の目はまだまだ厳しいものがあります。
    セフレと付き合っているというだけで、その人自身の人格さえも否定されるような事態にもなりかねないのです。

    プライベートなことだから他人には関係ないと思っていても周りの反応を止めるわけにはいかず、世間的信頼を失墜してしまうこともあるかもしれないのです。

    セフレを持つのであれば、このようなリスクを背負うだけの覚悟をする必要があるといえるのです。

  • セフレが抱える悩み

    2014年5月29日

    セフレを持っていると、避けることのできないリスクがいくつかあります。

    関係を良好で楽しく保っていくためには、それらのリスクをできるだけ避けることが必要です。

    セフレの抱えるリスクを理解して、未然に防ぐ努力をしましょう。
    まず、関係が回りにバレてはいけません。

    セックスに関する事柄がオープンになってきているとはいえ、まだまだ世間の考え方には否定的なものがあります。

    楽しんでいるということがバレたなら、あなたの人間的信頼さえが失われることにもなりかねません。
    ツイッターやSNSなどで自分の行動をオープンにしている人がよくいますが、これに関することは伏せておいた方が無難でしょう。

    次は、妊娠のリスクが挙げられます。

    妊娠した女性はもちろんのこと、男性も相手を妊娠させてしまったなら大問題です。

    避妊手段を講じなければならないのは当たり前のことなのです。

    また、関係を解消した後のことも考えておきましょう。

    セフレという関係は永遠に続くものではありません。
    別れた後でトラブルにならない関係でいられるよう、普段から気を配りましょう。

    個人情報やプライベートな秘密などを漏らさないようにしておかないと、ややこしい問題にも発展しかねません。

    これらのリスクが存在することをしっかり把握して、セフレライフを楽しんでもらえたらと思います。

  • アピールするポイント

    2014年5月28日

    セフレを作る際に相手に求められるものとは何でしょうか。

    セックステクニック?強靭な身体?それともアソコのサイズの大きさや感度のよさ?
    それらも大切なポイントかもしれませんが、セフレとして求められるさらに重要な点は他にいくつかあります。

    それは、相手に対して恋愛感情を持たないこと、秘密が守れること、それぞれの立場を尊重しあえること、の3点です。
    これらが満たされない限りは成り立ちません。

    求める人は一般的な男女の恋愛感情が苦手だったり、そういったものに関わりたくないからと割り切った関係を求めているケースが少なくありません。

    そこに恋愛感情が介入してしまうと、関係は持続できなくなってしまうでしょう。

    また、関係を持つ人たちの中には恋人や夫、妻といった特定のパートナーがいるケースもあります。

    その場合、パートナーにバレてしまうわけにはいかないので、絶対に秘密が守られる必要があるのです。

    パートナーがいなかったとしても、あまり世間に公表できるものではないので、できるだけ秘密裡にしておく方がよいのです。

    セックスだけを楽しむ関係ですが、それぞれが自分の好き勝手をしていては良好な関係は保てません。
    お互いを尊重していく態度こそが、関係を上手く継続させる秘訣なのです。

    つまりこれらの3点についてアピールできる人こそが、セフレを手に入れる可能性がより高くなるということなのです。

  • 離れた場所でセフレを作る

    2014年5月27日

    セフレを近場で探すのと反対に、離れた場所で見つけるという方法もあります。

    この場合のメリットとして挙げられるのが、まず、非日常が楽しめるという点でしょう。
    自分が毎日を過ごす以外の場所で見知らぬ異性を探す行為は、何となく刺激とスリルを感じさせます。
    それがセックスをするだけが目的の相手という一種特殊な関係であれば、なおさらその気分は高まることでしょう。

    また、知り合いなどに見つかる可能性も低いので、セフレ探しに専念できるに違いありません。
    さらに、相手との距離感も重要です。

    会いたくないとなったなら簡単に連絡を絶つことも可能ですし、その後顔を合わせる機会もほとんどないといえます。

    その場限りという完全に割り切った関係が持ちやすく、お互いの「火遊び」にはもってこいなので、成功率がアップするかもしれません。

    デメリット面は、関係の維持が困難であるという点があります。
    やはり肉体だけの関係なら、距離が離れていて日常的に会えない状況では関係を続けていくのは難しくなりがちです。

    地元の情報に疎い点もデメリットといえるでしょう。
    待ち合わせや食事、さらにはホテルなどの位置関係が掌握できていないことで、計画的な行動が取りにくくなります。

    そして、それらの場所が自分たちのような関係のカップルに相応しいものかどうかの見極めができません。

    この点は軽視されがちですが、案外重要なポイントなのです。

    こういったデメリットはありますが、遠方にセフレを持つことは日々の生活に刺激を与えるのでオススメですよ。

  • セフレを近くで見つけるメリット・デメリット

    2014年5月26日

    セフレは近場で探すほうがいいのだろうか、それとも遠くに住んでいる相手のほうがいいのだろうかと考える人は少なくないと思います。

    ここでは、近場で探すメリット、デメリットを紹介しましょう。

    まずメリットとしては、近場であれば自分の知っているエリアなので行動しやすいという点が挙げられます。
    いわゆる自分のテリトリーなので、交通や移動がスムーズですし、食事や宿泊場所などの知識も豊富です。

    さらに、相手もその近くに住んでいる可能性が高いので、会いやすいこともポイントでしょう。

    会いたいときに会いやすいというのはかなりのメリットですし、関係を続けるには非常に便利といえます。
    移動に掛かる時間やお金の節約にも繋がります。

    反面デメリットしては、知り合いに見られたりする危険性が高くなることでしょう。
    恋人や夫、妻といった特定のパートナーがいるならなおさらです。

    セフレを探していたり、一緒に遊んでいるところを見つかったなら大問題です。

    さらに、思わぬところで自分と繋がっていたということもあり得ます。

    たとえば、仕事関係のお得意さんの会社の人だったとか、友達の知り合いだったとか、などが考えられます。

    それでも気にしないなら構いませんが、なかなかそう割り切れるものではありませんよね。
    このようにメリットもデメリットも両方あるのですから、要はどちらが自分にとって好ましいかという判断になるというわけです。